すべての製品はアルファ・リリース段階にありますが、評価してフィードバックを共有して頂ければ幸いです。私たちがお手伝いできるように、ユースケース情報を info@scurid.com にご連絡ください。

エッジエージェント

  • デバイス制御のための独自IDを提供します。
  • ID用のローカルウォレットを提供します。
  • デバイスID操作用の簡略化されたライブラリを提供します。
  • 関係ベースのIDを生成し、特にレンタルデバイスに対して高度な匿名化を提供します。
  • 数秒で新しいデバイスIDを作成します。
  • ID署名によるデバイスデータへの高度な信頼性を実現します。
  • gRPCを介してAPIエンドポイントを提供します(RESTサポートは近日提供予定)
  • ウォレットの暗号化を実現します(近日公開)。
  • ここ
  • にリストされている言語のいずれかでクライアントを生成します。

プラットフォームアプリ

  • デバイスIDを管理するための独自のセントラルハブをサポートします。
  • すべてのデバイスをローカルに管理し、どのデバイスのIDがブロックチェーンに登録され、どれが登録されていないかを制御することが可能になります。
  • SSIサービスへの登録は、簡単な登録手続きで可能になります。
  • ユーザー名/パスワードを作成・記憶する必要がなく、プラットフォームアプリケーションはアプリケーションのIDを使用してSSIサービスの認証を処理します。
  • プラットフォームIDデータのローカルウォレットを提供します。
  • デスクトップアプリケーションから直接デバイスIDを検証、取り消し、登録をサポートします(モバイル対応は近日中に予定)。
  • IIoTプラットフォームとの統合を実現します(近日予定)。
  • Mac、Linux、Windowsで利用が可能になります(初期段階)。
  • デバイスのオンボーディング、デバイスIDの分析サービスなどのID自動化フローをサポートします(近日公開)。

SSIサービス

  • 複数のブロックチェーン技術に統合され、どのブロックチェーンにデバイスIDを保存するかの選択が可能です。
  • 既存のブロックチェーンネットワークをお持ちの場合、デバイスIDがそこに存在するように統合することが可能です。
  • 現在、テスト用に許可されたEthereumネットワークを運用しており、近日中に本番用のネットワークを提供する予定です。
  • ブロックチェーンインフラスの保持していない場合は、本番用ネットワークで始めることができますが、透明性のために、ノードを実行することで本番ネットワークに参加することを奨励しサポートします。
  • 簡素化されたUIのダッシュボードやモニタリングレポートなどにより、お客様のデータ処理のトレーサビリティーを高めています。
  • ブロックチェーンインフラを公開情報の保存のみに利用できます。
  • 非DLT/ブロックチェーンデータについては、お客様の地域のデータプライバシーポリシーを満たすために、低遅延のためにデータを提供するように努めます。